​ダイヤモンドの4Cとは

carat

カラットについて

カラットというと、ダイヤモンドの大きさをイメージされる方が多いかと思います、もっと詳しく言うとカラットとは重さを表す単位です。1カラットは重さ0.2グラムに相当しており、重くなればなるほど価値は高くなります。

color

カラーについて

ダイヤモンドは色が無色透明に近ければ近いほど、希少価値が高くなります。無色のものが理想的とされており、婚約指輪に多く用いられています。カラー段階は無色透明の「D」からイエローの「Z」まで23段階あります。

cut

カットについて

ダイヤモンドのプロポーションとフィニッシュ(ポリッシュ・シンメトリー)の総合評価のことをカットと言います。ただ綺麗な形にカットしたら良いというわけではなく、全体のバランスを考えながらカットする必要があり、ダイヤモンドの持つ美しさを引き出せるかどうかはこのカットで決まります。プロポーションやフィニッシュはそれぞれ下記の5段階で評価されます。

・Excellent(エクセレント)
・Very Good(ベリーグッド)
・Good(グッド)
・Fair(フェアー)
・Pour(プアー)

プロポーションとフィニッシュのそれぞれが、エクセレントの評価を受けたダイヤモンドのことを「3EX」と言い、プロポーションとシンメトリーが特に優れているダイヤモンドは「ハート&キューピット」と言われます。ちなみにハート&キューピットは、専用の器具で上から見るとキューピッドの矢が現れ、下から見るとハートの模様が現れます。

clarity

クラリティについて

クラリティとは透明度を表します。ダイヤモンドの多くには内包物があり、この内包物の色や大きさ、数、場所によって評価がされます。評価段階は、「フローレス」から「インパーフェクト3」までの11段階です

Please reload